慰謝料金額の基準とは

簡単に『慰謝料』という単語が用いられますが、実際どのようなことに対しての、『慰謝料』なのでしょうか。それは、実際に自分が事故に巻き込まれた、いわゆる事故の被害者になったことを想定してみれば、わかりやすいかもしれません。

例えば、事故に遭うということは、その事故の程度にもよりますが、『怪我』をすることが多いでしょう。軽症で済めばまだ良いかもしれませんが、大手術が必要になるような大怪我を負うこともあります。それによって、今後の生活に大きな障害が生まれることもあります。また、事故にあって入院するとなれば、その入院費も必要ですし、治療費、手術のために追加で費用が必要になることもあります。それだけではありません。

入院が終わって退院したとしても、定期的に通院を行わなければならないかもしれません。その場合、別途通院費が必要になるでしょう。それに、本来は怪我がなかったとしたら、普通に仕事を行っていたかもしれませんから、その分得られなかった給料も、補填される必要があります。そういったことを考えると、加害者側は様々なことに対して、費用的な責任を負わなければならない、という点がわかります。そして、当然のようにそれらは保障されるべきです。